ネットワークビジネス 成功ノウハウ
ネットワークビジネス 成功ノウハウ
ネットワークビジネス、MLM(マルチレベルマーケティング)成功方法の真実を知りたいあなたへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | トラックバック:- | コメント:-

なぜ、このようなことが可能なのか?

サイトマップ

このビジネスの基本は、相手に伝えることです。
あなたの収入が発生するのは、グループの売り上げがあるからです。

売り上げが上がるのは、だれかがお金を払うからですよね。
当然ですが、実際はここが分かっていない人が多いのです。

なぜ収入が発生するのか?

セミナーに行ってやる気になったり、確信をもったとしても、他系列の人と夢を語り合いおしゃべりをしていれば、あなたの収入が自然とふえてゆきます・・・だったらいいですよね・・・。実際はご自身のグループ内の新規が商品を購入して初めてポイントになり収入になります。

 

グループ内の方やあなたのグループに参加した新規の方が商品を購入する。
あなたの収入が増えるのはこれがすべてです。

 

その他のネットワークビジネスにおける行事はすべて補足です。あなたのグループの売り上げをあげるための「おまけ」なのです。あなたや、グループ内の人が誰かに連絡を取って、新規に対して商品を伝える(結果的には売る)ことをさえすれば組織は自然と大きくなるのです。

この現実に目をそらして、夢のような状態をフラフラさまようのは誰でもいやですよね。
参加されている多くの方が現実的な結果を求めているのは事実です

確かに、一人の新規が一ヶ月にたった二人をリクルートすれば、一年後には、
8000人近いメンバー数となります。話半分の半分の半分としても1000人です。

人数的にはこのような結果を出す人はたくさんいます。可能性も大いにあります。しかし、たった二人のリクルートで・・・・この話を鵜呑みにするのは少し疑問に思います。普通に考えれば分かりますよね・・・。低い可能性を期待するより、自ら可能性を高くするほうが現実的です。そのためにもネットワークビジネスで結果を出すためには、数多くの新規をスポンサーすることが必要なのです。

なぜそのようなことが言えるのか?
まずは、一般的商売の収入を増やすための基本的な三つの方法を、
このビジネスをと照らし合わせてみます。
 

1、お客さんを増やす。
2、お客さんの一回の購入額を増やす。
3、お客さんの購入回数を増やす。



 ネットワークビジネスでいうと、お客さんは、新規のディストリビューターということになります。 つまり、組織を大きくするには、 新規を増やして、たくさん購入してもらい、長く商品やサービスを使ってもらうことです。当然ですよね。

もちろん強制や、無理があっては、長く使ってもらえません。儲けを主張したところで、儲からないと長くは使ってもらえません。商品や、サービスがいいだけでも物足りないのです。いい物は世の中にあふれていますからね。

当然、長く使っていただけるように、お客さん(ディストリビューター)を満足させてあげたとしても、 時間の経過とともに自然と グループ内で商品を買う人は減ってゆきます。

そこで、新しく参加してくれる人を「探す」という行動を起こすことになります。
当然といえば当然ですが、どのようなビジネスであれ拡大するためには新規のお客さんは必ず必要です。

 

○集める人が、多ければ多いほど、お客さんになる人は増えます。
○お客さんが多ければ多いほど、売り上げの上がる確率は高くなります。

 

一般のビジネスでは、経理ができなくて倒産したという会社はあまり聞きません。
そうなんです。売れないから倒産するのです。売れないということは、
売る相手を見つけられなかったからだけなのです。

ネットワークビジネで言うと、あなたの技術が悪かったのではなく、
考え方が悪かったのではなく、売る相手、つまり、

 

うまくいかないのは的確に伝える相手が
いなかったからだけなのです。


 

売る相手がいれば、ビジネスに行き詰ることはありません。倒産することもありません。どれほど下手なスキルだとしても、伝える相手が大勢いれば必ず伝わります。多くの人に伝えさせすれば参加する人は増えるのです。

分母が一定のなかで、確率を上げることに必死になっていませんか? 分母を増やしさえすれば、確率は上がるのです。 参加する新規を見つけるとさえできれば誰でも成功できるのです。

で、次。何をすれば?




あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。



で、次。何をすれば?


サイトマップ


情報提供 by ノウハウ館
スポンサーサイト

2006年05月26日 | なぜ、このようなことが可能なのか? | トラックバック:0 | コメント:0

で、次。何をすれば?

サイトマップ

例えば、あなたは自分の友達を見つけるために街に出たとします。
周りには、自分の友達も知り合いもいません。当然助けてくれる人もいません。
その時どのような行動をしますか?

街角でいきなり声をかけて、「友達になってください!」 と相手に言うでしょうか?
断られるのは想像以上に目に見えていますよね。

大げさな例ですが、ネットワークビジネスをこのよう進めている人は非常に多いのです。
では、やみくもに声をかけて同じようにすれば、「友達になる人の確率」はあがるでしょうか?

たしかに、友達になる人間はふえるかもしれませんが、確率が悪いのは同じでしょう。
なぜうまくいかなかったのでしょうか?


「おいおい、ちょっと待ってくれよ。あんた誰なの?」
こんな状態で、自分の気持ちをストレートに伝えても伝わらないですよね。

ネットワークビジネスも同じことが言えます。
手当たり次第に伝えても効率は悪いのです。
闇雲にスポンサーしても効果はないのです。


 

では、もし、伝える人が最初から、

商品購入者、      →○
ビジネス参加者     →◎
興味はあるがやらない人→△
絶対にしない人     →×

こんな名札を胸元につけていたらどうですか?
その名札の精度は、事前に一人ずつ会うより恐ろしく正確です。

 

当然、スポンサーもストレスなく簡単にできますよね。
こうなってしまえば、結果が出るのはあたりまえの状況です。

実際に、オフライン(人と人)で、コツコツと人脈を増やして、このように、
ふるいわけすることは可能ですが、とてつもない時間とお金がかかります。
想像つきますよね。

インターネットでは、新規を自動的にスポンサーするこれらの仕組みを
簡単につくることが可能なのです。

しかも一度この仕組みが機能すれば、スポンサーにかかるお金や時間は
数十分の一ですむようになります。

想像してみてください・・・。インターネットで新規を次々にスポンサーできる状況を




あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。


想像してみてください・・・。インターネットで新規を次々にスポンサーできる状況を


サイトマップ


情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | で、次。何をすれば? | トラックバック:0 | コメント:0

想像してみてください・・・。インターネットで新規を次々にスポンサーできる状況を

サイトマップ

想像してみてください・・・。

インターネットで新規を次々にスポンサーできる状況を


○もう、「いやだ!」という人の考え方をひっくり返す必要はありません。
○やめたい人を無理にやらせる必要もありません。
○おっくうな遠い昔の友達に連絡することもありません。
○回収予定のないお金ばかりかかるスポンサー活動。


そんな状態とはおさらばです。

今まで、他系列で知り合った、前向きで活動的な人たちが自分のグループにジャンジャン増えるのです。
こんなすばらしい人たちだけに、あなたは集中して大切な時間をさくことができるのです。

新規を自動的にスポンサーする方法は、あなたの金銭的な負担だけでなく、精神的な負担も解決します。多くの人は、拒絶されることに対して強い拒否感を持ちます。

 

強力な負のエネルギーを断ち切ることができます!

自分の考えを否定されたとき、自分がよいと思っていることが否定されたとき、想像以上のストレスが身体の負担にかかります。そのストレスはやがて、負の発想を生みだし、お腹のすいたサバンナの猛獣のようにあなたの夢や希望を一瞬で跡形もなく食い尽くします。

せっかくのビジネスをこのような障害で終わらせてしまう可能性があるのなら排除するしかありません。
舗装されたきれいな道があるのに、わざわざイバラの道を歩く必要はないのです。

人間誰しも弱いものです。否定な意見をよせつけない強靭な精神力をつくりあげるには想像以上の努力を要します。経験は大切な自分の財産になります。しかし、それまでチャンスは待ってくれません。

あなたの夢や希望を迅速にかなえるためにも、
否定な意見をよせつけない環境を整える必要があるのです。


具体的には?





あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。


具体的には?


サイトマップ


情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | 想像してみてください・・・。インターネットで新規を次々にスポンサーできる状況を | トラックバック:1 | コメント:0

具体的には?

サイトマップ

具体的には?

本書の「MLM SECRET」は、インターネットで組織人数3万人(月間リピート率平均30%以上)に至るまでの「行動」と「過程」を、インターネットで組織を構築するためのノウハウとして100%公開しています。

無駄な内容は一切含まれていません。あなたが収入をえるために明日あなたがまず何をすればいいのか?そして次にどうすればいいのかを・・大事なポイントを分かりやすくステップ-バイ-ステップで順番にマスターできるようにしました。


内容は?

どのようにして・・・


≫自分の現段階の知り合い以外から、新規の人間を増やし組織を拡大する方法
≫一人あたりの購入金額を増やし、長く商品やサービスを利用してもらう方法?
≫行き詰まったときに現状を打破する具体的解決策


実際に行動して変化した、失敗例、成功例とともに、その過程も記載しています。そして、その結果をどのように、次につなげていき、 まったくのビジネス素人の時代から月収数百万にいたるまでの行動結果をもとに、あなたにも実行できるようにPDFの文書にて書籍化しております。

 

うやむやにされやすい内容は数値で

●新規スポンサーに対するビジネス希望率、商品購入率、平均商品購入期間。
●組織が安定するための、商品購入率からみた組織構成比率。
●ダイレクトメールの反応率とその例、工夫した結果の数値的な変化。

さらには、2人、10人、20人、50人、100人、500人、1000人、3000人.、1万人、3万人に人数が増えたときのグループ状態、リーダーの数。 各グループリーダー組織の伸び具合。実際に活動していたグループリーダーの増減の変化。 組織の大きさによる収入の増減の変化等、数値であらわせる内容はおしげもなく公開 。

このような方にお勧めです。

● ネットワークビジネスの活動を真剣に考えている人
● もっと組織を大きく、安定させたい人。
● ビジネスにインターネットを取り入れたい人
● 1年後のコミッションを飛躍的に上げたい人



どれほど有名な人の体験談でも、「あなただからできたんだね」といわれればそれで終わりです。 特別な知識を持った特定の人だけが実践できない内容では全く意味はありません。ノウハウと、体験談は根本的に違います。特別な人間ができる内容はノウハウとはいいません、内容にそって実行することにより、 結果が出るのがノウハウです。

 

手に入れることができる実用的で有益なアイデア


あなたは、ネットワークビジネスで多大な利益を得ることができるかもしれません。しかし個人でしかもビジネス素人が立ち向かうには大きな壁が存在しています。私はその壁を破る方法をお教えします。そして、あなたのグループのボリュームの増加とコミッションが次々と増えてゆく手助けをします。

・インターネットで組織を構築するための忘れてはならない手順とは?


・一瞬で効果的に新規を集める魔法の方法とは?


・MLMで成功するためには欠かせない儲けるための心構えとは?


・新規が参加する時の心理の核心を得る方法!


・成功への一直線につながるレール。その上で進むための手順を知れば・・・。


・リスクを儲けに変えるキャッシュポイントとは?


・インターネットで儲けるための言葉の秘密とその書き方とは?


・儲けを「不確実」から「確定的」なものに変化させる秘策とは?


・あなた自身の方向性はどこに?最短の道のりを知るために・・・。



以上のノウハウを知っていますか?


これらのノウハウを知ることは、スポンサーをすればするほど、実体験をかさねればかさねるほど、外れることのないチェーンをもった自転車をこいでいるのと同じことです。今の位置からは動かない?まずはチェーンがついているか確認してください。そして、確実にギヤに絡んでいるのを確認して前に進んでください!


ネットワークビジネスで成功する人、しない人の違いは、最短で成功できるノウハウを知っているか、知らないかの差です





あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。


ネットワークビジネスで成功する人、しない人の違いは、最短で成功できるノウハウを知っているか、知らないかの差です


サイトマップ


情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | 具体的には? | トラックバック:0 | コメント:0

ネットワークビジネスで成功する人、しない人の違いは、最短で成功できるノウハウを知っているか、知らないかの差です

サイトマップ

ネットワークビジネスで成功する人、しない人の違いは、

最短で成功できるノウハウを知っているか、知らないかの差です



真実の成功方法?最短のノウハウ?別に知らなくてもいいよ!。そうですね、知らなくてもいいかもしれません。知らなければ成功できないと断言できる全く理由はありません。私ができることは、はじめるにあたっての“初心者が犯しやすいミス”をさけるための”つまづく原因の石を取り除くことだけです。

わたしは、あなたのインターネットを活用したビジネスの創り方を最初から最後まで広範囲にわたりフォローしています。また、非常に分かりやすい方法で手順を並び立てました。その手順のとおり進めてください。

そうすることによってあなたのスポンサーシステムは徐々に形が出来ていきます。そして経験したことのないコミッションを手にすることでしょう。信じられないかもしれませんがこれは現実です、さらに詳しく「MLM SECRET」の解説をすると・・・。

 

・インターネットで組織を構築するための忘れてはならない手順とは?

インターネットで組織を構築することは、大切なあなたの時間とお金を節約します。しかし、その効果を最大限に引き出して、結果を出すために必ず知る必要のある手順とルールがあります。その内容とは?(インターネット関連のMLMに参加することではありません) 扱っている商品や、サービスに関係なくMLMにインターネットを生かす方法とは?


・一瞬で効果的に新規を集める魔法の方法とは?

片っ端から電話をかける?昔の友人に久しぶりに連絡をと?黒を白に変えてゆく作業?大切なことほど重要ではありません。 「あっと驚く」単純な方法は相手の心のノートに力強く文字を刻みます。相手のゴムつきの耳栓を引っ張り出す?溶かして筒抜けにしましょう!あなたは新規が勝手に集まるのを待つのみです。


・MLMで成功するためには欠かせない儲けるための心構えとは?

成功への意気込みと現実・・・。そのギャップを埋める知識やノウハウ・・・・。物足りない確信を満たし、とゆるぎない自信をつけるための極秘事実とは?現状から脱出するための一日でできる「きっかけ」の作り方と効果的な方法とは?


・新規が参加する時の心理の核心を得る方法!

なにが、真実への王道なのか?あなたの「うまくいく」スタイルを確立させる方法・・・。あなたの信念を強固なものに。一番の近道を知って、寄り道しないでください。あとは、成功に向かったレールの上を新幹線のように最速で進むだけです


・成功への一直線につながるレール。その上で進むための手順を知れば・・・。

なにが、真実への王道なのか?あなたの「うまくいく」スタイルを確立させる方法・・・。あなたの信念を強固なものに。一番の近道を知って、寄り道しないでください。あとは、成功に向かったレールの上を新幹線のように最速で進むだけです。


・リスクを儲けに変えるキャッシュポイントとは?

リスク管理とリスクを恐れることは別問題・・・。火中に栗を拾いにいく行為は正しい?キャッシュポイント(儲けの分岐点)を知る方法をマスターすれば、目に見えない足元に落ちている栗を見ることができます。ローリスクメガロングリーターンを可能にするスポンサー手順と、現金が次々と滑り落ちてくる限界のない受け皿を作る方法とは?


・インターネットで儲けるための言葉の秘密とその書き方とは?

優秀な店員は実は怠け者?時間とともにラクになる怠け者のための近道とは?あなたの中に潜む次々と現金をはこんでくる優秀なセールスマンを見つけるために、超えなければならない階段とその秘密とは?相手のアドレナリン上昇とともに、のどから飛び出る欲望という名の手が、あなたの銀行口座にキャッシュを送りつづけます。


・儲けを「不確実」から「確定的」なものに変化させる秘策とは?

ベルトコンベアー式の流れ作業をビジネスに取り込み、安定した定期的な儲けにするには?恐怖、疑念、の心理を取り払い、合法的に、いとも簡単に相手をサインアップさせてしまう方法とは?


・あなた自身の方向性はどこに?最短の道のりを知るために・・・。

何が正しくて、何が間違っているのか?その判断基準を儲け人の照準と同じにするには?毎日の小さなアクションのパターンを変えるだけで、成功者の視線に変化する方法とは?「ヨツメウオ」のようにあらうる角度から物事を観察できるような目を養うためのマインドとレッスンとは?


 
???これらの?の的確な回答を私はあなたにお教えすることができます。

疑問の回答を知ることはあなたの近道です。成功するための道「そのもの」をお渡しすることはできませんが、不安定な道、途中で切れている道、深い森の中に続く出口のない道がらあなたを守ることができます。私は正しい道へと続くとびらのギリギリの前まであなたを連れてゆけます。あなたはその扉をさっさとあけて前に進むだけです。


あなたがこの情報でつかむことができる戦略、ノウハウです





あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。



あなたがこの情報でつかむことができる戦略、ノウハウです


サイトマップ



情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | ネットワークビジネスで成功する人、しない人の違いは、最短で成功できるノウハウを知っているか、知らないかの差です | トラックバック:0 | コメント:0

あなたがこの情報でつかむことができる戦略、ノウハウです

サイトマップ

あなたがこの情報でつかむことができる戦略、ノウハウです


「MLM SECRET」を体験することによって、今までに聞いたこともない非現実的な成功ノウハウを体験することができます。下記のそれぞれの目次項目からから、あなたの得られるメリットを想像してください。


真実の成功方法に愕然するだけではなく、今までに体験したことのない、ひらめきとアイデアに埋もれて自らの未知なる領域に踏み入れることとなります。プロがやるようにあなたのビジネスを拡大する方法を学び取ることができるのです。


第1章 ”成功者が本当のことを言わない理由とは?”

雑誌、本、セミナー等で多くの成功対談・・・・。しかし多くは美談・・・。成功者には人に言えない秘密や秘策があるにもかかわらず・・・・。 絶対に語られない90%の真実とその実態とは?ただの精神論の裏に隠された儲けに直結するノウハウを読み取るテクニックとは?


第2章 ”新規のフロントラインを湧き水のごとく発掘する方法”

なぜ同じように行動して、結果が違うのか?うまくいく人間はただの運だったのか?伝える人がいないとは言わせない。フロントライン発掘方法!絶えることのない地下水脈を見つけ一気に吸い込むには?新規を見つけるオフライン以外でのノウハウとその実践テクニック。実際に使った文面とその反応率を紹介。


第3章 ”グループが拡大、縮小時の状況と対策とは?”

膨張と縮小、生き物のように呼吸し成長する組織。結果から原因をさぐるために欠かせない組織内のチェック項目とは?何が不足してなにが足りているのか?太りすぎず、やせすぎず。最適な稼ぎのヒートポイント状態に保つためのノウハウ とは?グループを同じ方向に進ませ、相乗効果的に結果がでるターニングポイントを発生させるための準備と発火装置の設置方法とは?


第4章 ”ビジネスの移動とその実態とは?”

同じ組織に属して続けることが自らのゴールの最短か?それとも組織は移動したほうがよいのか?あきらめる?投げ出す?価値観の違いは多くの正論を生み出す。真実は過去になってはじめて明かされる。トップディスビューターの過去のネットワーク経歴の分析とその真実とは?


第5章 ”巨大ビジネスの成功への事実とは?”

あらゆるビジネスに存在する光と影。アングラな事実はいつも近くに存在する。冷静に判断する力はあなた未来も大きく変える。ネットワーク業界の一部の人間になるためのハードルを越える方法とその成功への実態とは?。成功者だけが知っている巨大な富を構築する為の「失われた秘密」・・ とは?

第6章 ”0からスタートするための準備と手順とは?”

あなたは伝える人知り合いは誰もいません。 もし、今のグループを捨てて0から、このビジネスをはじめるとしたら何をしますか? そしてどのようにその方法を活用してグループを大きくしますか?成功体験は財産であり過去の遺産、しかし成功者は最初から確信している・・・なぜ90%の人はいつまでたっても成功できないのか?、「プラス思考」大きなデメリットと10%の人間が知る非現実な結果を出すための物事の考え方、とは?

第7章 ”ビジネスプランによる成功の真実とは?”

代表的な5つのプラン。できる人間はどこでもできる?その疑問にメスを入れる!メリットを生かし、デメリットを克服するさまざまなプランに対しての結果の出やすさと、出にくさ。成功へバランス。これらのつまずく石を取り除く、転ばぬ先の「杖」になる判断基準とは?

第8章 ”現在に至るまでの行動とその結果 ”

私が伝えた人間はどんな変化したのか?、どのように知り合い、彼らのグループはどのように変化していったのか?金銭的、精神的に行き詰ったとき、どのようにして打破していったのか?私の今までの経験を告白。

第9章 ”インターネットで3万人の組織を作ったリクルート方法”

勧誘をしない勧誘方法とは?。相手から商品を是非ゆずってほしい。どうしてもあなたのビジネスに参加したい。このような声であふれている・・・。自らが断られるのではなく、断ることによってグループを作るブーメラン式スポンサーとは?インターネットで新規が業務用掃除機のように、あなたのグループに吸い寄せられるための魔法の言葉のちりばめ方とは?

第10章 ”限界まで強固なグループに引き上げる方法”

グループをより安定したもの強固にする三つのキーワード。それに基づく人間の心理、感情を手の上で転がすのごとくグループ内の人間、新規が集まる魔法の方法とは?すでに結果がでている状態・・・。その信頼レベルで相手が自ら近寄ってくる仕組みと、その構築方法とは?もうあなたしかいない!あふれかえる喜びの声を結果に結びつけるための奇策とは?押し付けずに、気分よく押し売り以上の効果を発揮する売り上げUPさせる手順とは?




全10章・・・、あなたのインターネットビジネスが今まさに始まろうとしています。


あなたが実質的に全くの未経験者であったとしても、全くパソコンの技術が無い人であったとしても、インターネットで構築された組織から発生するコミッションを生み出す。“秘密のノウハウ”を学ぶことが出来るのです。


私は、誰もが知っている一つ一つの単純なノウハウに関しても最新の注意を払っています。なぜなら、皆が当たり前と思われるのことの裏に隠された「違う物の見方」があなたのネットワークから収入を得るためには最も重大な影響をも生み出すからです。


これらのノウハウを知ることによって、成功率が飛躍的にアップすることは容易にイメージできます。ただ、今の段階ではイメージです。そのイメージを現実に変えるかどうかはあなた次第です。


なぜなら、この教材はあなたがもし趣味でネットワークに参加しているのであらば正直言って向いていないからです。プロフェッショナルになる過程を最短の作業で達成したい人にしか現実を直視することは許されないのです。


イメージを現実に




 

あなたの収入を増やすには?


あるビジネスチャンスがあります。しかし「つかむ」ことができる人はは一部です。なぜでしょうか?答えは簡単です。実際に話を聞いて、ああ、いい話だった!と思う人が60%。調べるだけの人が20%。さらに調べてちょっと試す人が10%。実際に行動するひとが10%。この数値は悲しき現実です。

実現したぞ!よっしゃぁー!
フムフム実現する人もいるんだな、いいなぁ~
へ~いったい何が起こっているの?知らんかった。

あなたはどのタイプになりたいですか?ひょっとすると、今の自分のタイプに満足していないかもしれません。現在が自分の理想でないかも知れません。でもご安心ください。


なぜなら、どれほど優れたビジネスでも、実際に重い腰をあげるひとは10人中一人もいないのです。ああしたほうがいいこうしたほうがいい。こんな評論家が世の中の人間のほとんどを占めるのです。

ブツブツ言わないでやった人はちゃ~んと結果がでる仕組みになってるんですよ。

宝箱をかかえたまま何もしない人もいれば、さっさと開けて儲ける人もいるのです。
どのように行動するかはあなた次第です。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。


イメージを現実に


サイトマップ



情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | あなたがこの情報でつかむことができる戦略、ノウハウです | トラックバック:0 | コメント:0

イメージを現実に

サイトマップ

イメージを現実に


新規が増えすぎて困ります!収入が増え続けてます!

まずは、毎月の10万。次は本業の収入。その次はあなたの目標金額を現実にしてください。

私が何年にも渡って学だり、駆け出しの頃の何も分からない中、誰かに教えて欲しいと強く想ったことなどの方法やスキルをあなたと共有してゆきます。いままでの試行錯誤の中で発見された、さまざまな調査方法や、使えるもの、使えないものを生の体験によって身につけてきました。その中で見つけ出されてたヒントとなる成功方法を、あなたは完全に受け取ることができます。

もし、あなたが本気で自分の努力と大切な時間を、あなた自身の将来の肉体的、精神的な自由を勝ち取る為に投入するのであれば、わたしは喜んであなたに、真実のスポンサーの極意、組織の構築方法、新規を集める方法お教えします。

 

行動するための「きっかけ」

できるだけ早く屋上に到着する!。こんな目的があるとしましょう。
方法はエレベーターと階段があります。あなたならどちらを選びますか?
「同じように目的を達成できるのなら、できるだけ楽な方法!」。これ、私の本音です。 というか、目標に対して効率よく物事をこなすことは、多くの人の望みのひとつでもあると思いませんか?

では、このような貴重なノウハウをなぜ教えるのか?
このような疑問を持っておられる方は少なからずいるかと思います。

「本当に効果のある方法なら、わざわざ他人に教える必要ないし、そんな人もいない。」
ひょっとすれば、こんな風なお考えをお持ちの方もおられるかもしれません。


これは、相手にとっていい話を、「人におしえたいかどうか?」の価値観の違いにすぎませんので、「おしえたくない」という意見もまた正しいのです。さまざまな疑問や質問はその人の現状をよくあらわしているものです。単に今の私は「おしえてもいいと思う」こんな価値観なのです。「知りたいひと」だけに教えたいですし、知ればいいと思っています。 そのため、あらゆる意見を払拭してまで、このノウハウを知って頂く必要もないのです。

 

私を通じて出会えたあなたは本当にラッキーです。

このまま同じことをしていたら、今の現状から10倍、20倍の結果をあげることの難しさは多くの人が実感しています。現状を打破するためには、これまでと違ったやり方が必要なことも理解しています。もちろん、実際に成功を収めた方法であることは言うまでもありません。

この方法は実行さえすれば誰でも収入を上げることが可能です。何百万といった莫大な投資金額も必要としません。 一部の人間がもつ専門的な技術も必要としません。自分自身の行動のみで、成功を手にすることができるのです。

このビジネスで一番つまづきやすい「新規を見つける」ノウハウをマスターできるのです。 これがいったいどれほどの価値を秘めているか優秀なあなたであれば十分に理解していることと思います。

ネットワークビジネスの一般書籍や新しい書籍を大量に読破しても肝心な儲けにつながるようなノウハウは記載していません。にもかかわらず、1冊1000円としても数万にもの投資となります。 昔の知人に連絡をとって、数人に会うだけでもお金はかかります。 セミナーに足を運ぶだけでもお金はかかります。一回一回は小額ですが、ジワジワとあなたの「ふところ」を攻撃し、 気がつけば何十万の出費ということも普通にありえます。

これらも自分への勉強代と考えれば安いものです。ギャンブルで投資したものは戻ってきませんが、自分への投資をしたものは絶対に戻ってきます。たとえその投資が失敗したとしてもです。ただ、自分への投資がもっと安く済むのであればそれにこしたことはありません。

優れた経営者は経費を抑えることを十分に理解しています。あなたが成功するための行動はすべてビジネスの経費となりうるのです。経費より儲けが上回るように情報を選択し、行動するかが成功の鍵を握っているのは世の中の常であります。

学ぶのに遅すぎることも、早すぎるということもありません。誰もが間違いを起こしたくはないものです。 結果への期待や、やる気になるためだけに10万円も20万も投資することは忘れてください。

「MLM SECRET」には、今まで自分のグループ以外には誰にも話さなかった実践結果とノウハウ、ネットワークビジネスで儲け続けてきた秘策が詰まっています。ですので、これを実行さえすれば、あなたはこのビジネスで成功できるはずです。

本書は14800円(税込み)でご提供しております。

商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お金を稼いでいる人はあなたより優れている人ではありません。



お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。



お金を稼いでいる人はあなたより優れている人ではありません。


サイトマップ


情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | イメージを現実に | トラックバック:0 | コメント:1

お金を稼いでいる人はあなたより優れている人ではありません。

サイトマップ

お金を稼いでいる人はあなたより優れている人ではありません。

MLM SECRETのマニュアルには、明日あなたがまず何をすればいいのか? そして次にどうすればいいのか・・・。今までの実践済みの情報を詰め込みました。 行動さえすれば、結果は必ず出るようになっています。

しかし、どれほど優れた情報だとしても自分にできるかどうか? こんな疑問もあるかとおもいます。

「自分にできないようなマニュアル内容だったなら意味がないし・・・。」


よく冷静に考えてみてください。

自分に合うこと、できそうなことだけをして結果がでるのであれば皆が成功者になってしまいますよね。同じことをしても、成功する人しない人がいます。その差って、情報や知識に貪欲か、そうでないか?と思いませんか?

他人の経験から、「自分との違いを生み出す違い」 を学ぶために
自己投資しているかどうかの差なんです。

娯楽のための自己投資するくらいなら、将来のためになる知識や情報を学んだ方がいいと思いますが・・・。どうでしょうか?成功した後におもいっきり遊べばいいじゃないですか。

なぜ、かれらが出来てあなたが出来ないのか?

あなたもわたしも知っているはずです。彼らがあなたより特別に賢くはないことを・・・。あなたが出来ないわけがないのです!出来ない理由?正直にいいましょう。後に伸ばしているからです!スタートの先送りしているだけです!

あなたに一番必要なのはまずはじめることです。ライバルに遅れないでください!先延ばしにしないでください!負け組みの習性は忘れてください!勝ち組の行動が早いことをあなたは分かっているはずです。

 

あなたの収入を増やすには?

あるビジネスチャンスがあります。しかし「つかむ」ことができる人はは一部です。なぜでしょうか?答えは簡単です。実際に話を聞いて、ああ、いい話だった!と思う人が60%。調べるだけの人が20%。さらに調べてちょっと試す人が10%。実際に行動するひとが10%。この数値は悲しき現実です。

実現したぞ!よっしゃぁー!
フムフム実現する人もいるんだな、いいなぁ~
へ~いったい何が起こっているの?知らんかった。

あなたはどのタイプになりたいですか?ひょっとすると、今の自分のタイプに満足していないかもしれません。現在が自分の理想でないかも知れません。でもご安心ください。


なぜなら、どれほど優れたビジネスでも、実際に重い腰をあげるひとは10人中一人もいないのです。ああしたほうがいいこうしたほうがいい。こんな評論家が世の中の人間のほとんどを占めるのです。

ブツブツ言わないでやった人はちゃ~んと結果がでる仕組みになってるんですよ。

宝箱をかかえたまま何もしない人もいれば、さっさと開けて儲ける人もいるのです。
どのように行動するかはあなた次第です。

 

あなたが成功するのに何が必要ですか?

今まであの時行動していたら・・・と後悔したことありますか?私も含め誰もがあることですよね。フタをあけてみればチャンスをつかんだ人がいた。結果を聞いて「あっ、しまった!」と・・・。このような後悔することはとても気分の悪いことです。

特定人数の方がこのノウハウを知られましたら公開を終了します。あなたは、二度とネットワークビジネスの成功への真実を目にすることができないばかりか、あなたがこれから手にするであろう莫大な儲けをみすみす「ふい」にしていることになります。


商材の販売は期間限定です。特殊な情報のため特定の人数に達しましたら
すぐにでも定価販売することになります。すでに値上げは実行しております。
この値段で購入できるのは今だけです。


お申し込みはコチラから

※申込フォームはページの一番下にあります。


サイトマップ



情報提供 by ノウハウ館

2006年05月26日 | お金を稼いでいる人はあなたより優れている人ではありません。 | トラックバック:0 | コメント:0

ネットワークビジネスの由来

サイトマップ

ネットワークビジネスの由来


本題に入る前に、まず「ネットワークビジネス」という呼称について少し触れておかねばならない。

 
現在、ネットワークビジネスと呼ばれているビジネス手法は、欧米でマルチレベル・マーケティング(MLM)と呼ばれてきた流通システムのことである。

わが国でも長い間そう呼ばれ、また現在もそう呼ぶ場合もあるが、本コラムでは原則としてネットワークビジネスという呼称を用いることにする。

理由はネットワークビジネスという呼称が、このビジネス形態に一番ふさわしいと思われるからだ。ネットワークとは「網目状の組織」のことだが、このビジネスは個人の人的つながり(ヒューマンネット)を活用してビジネスを展開していく点で、まさにネットワークビジネスという呼称がいちばん似合っている。

マルチレベル・マーケティング(以下MLMと略す)は、マルチ=多面的な、レベル=階層、マーケティング=商法だから「いろいろな階層が物品を販売するシステム」という意味である。

 
1930年代にアメリカで誕生したMLMは、合法的な訪問販売の一形態として定着していったが、MLMの最大の特徴「消費者=販売員」をまねた別の商法が現れた。かの悪名高いピラミッド商法である。

この販売システムは「儲かる」といって人々を組織に勧誘するが、結果的には参加者の大半に損をさせることになる詐欺的な商法だった。

ところが1960年代にアメリカからMLM企業が日本へ上陸すると、すぐさまピラミッド商法の企業も後を追うように上陸してきたため、わが国では二つのビジネスを区別するいとまもなく「悪徳マルチ商法」として受け止められたものと思われる。

 
違法性の強いピラミッド商法は、日本でもすぐに被害者を出し社会問題化した。ちょうどその頃、日本でもネズミ講が横行していた。ピラミッド商法はネズミ講とよく似ていたため、マルチ商法=ネズミ講=悪徳商法のレッテルが貼られた。不運だったのはMLMもこの中に組み込まれてしまったことである。

まもなく日本の行政も、あまりの苦情の多さにピラミッド商法の違法性に気がついて、規制に乗り出し、1976年に施行された「訪問販売法」(現「特定商取引法」)は、主として悪徳マルチ商法規制の目的で作成されたものであった。

 
一方、本来のMLMのほうは、マルチ商法=悪徳商法と同じとの誤解を受けながらもMLMが本来的に持っている強固な存在価値を発揮して発展を続けた。しかし、マルチ商法=悪徳商法の評判があまりにも強かったため、それと区別する意味で「ネットワークビジネス」の呼称を積極的に用いるようになり現在にいたっている。

 
以上がこのビジネス形態の呼称に関するいきさつだが、ネットワークビジネスという呼び方は、このビジネスが「クチコミによる人的つながりを中心にした商法」であることを考えると、前のマルチレベル・マーケティングより適切な呼称のように思える。
 
 
このビジネスがいまだ一部で誤解されているのは、これらの呼称の違いに関する認識不足が大きな原因と思われるからである。ネットワークビジネスを正しく理解するためにはこれら呼称の違いをしっかりとわきまえることも大切である。

 

・マルチレベル・マーケティング(MLM)/アメリカで1930年代に誕生した無店舗訪販商法の一つ。商品の愛用者(消費者)が同時に販売員も兼ねるディストリビューター方式を採用することで独自の販売システムを確立した。本国アメリカでは合法ビジネスとして認知され、MLM大手には企業格付ランキングでトップクラスも少なくない
 
・ピラミッド商法/アメリカでのMLM誕生とほぼ同じ時期に始まった問題商法。一見MLMに似ているが、まったく別ものと考えたほうがいい。商品を介在させながら参加者から集めた膨大な資金を、上部組織が分け合う権利金ビジネスで、アメリカを初め多くの国々で違法とされている。
 
・マルチ商法/主にピラミッド商法を指す日本的呼称(俗称)だが、MLMとの区別が今だ明確にされておらず、一緒くたに受け取られる場合もある。主にピラミッド商法の被害者の言い分を、マスコミ等が取り上げる過程で普及していった呼称。ピラミッド商法の変形をマルチまがい商法といい、MLMもこの範ちゅうでとらえられることもある。
 
・連鎖販売取引/「特定商取引法」(旧「訪販法」)に規定された取引形態。商品代金や登録加盟料などを支払って販売組織に参加し、商品販売と新たな販売員を獲得することで報奨金(ボーナス)が貰える仕組みの商法を指す。MLMも法的には連鎖販売取引に該当する。
 
・ネットワークビジネス/MLMの別称。商品の愛用者が自分の人的つながりをクチコミ等を通じて次々販路を開拓して行く方式のビジネス。消費者=販売者であることと、愛用者を販売員にすることによる利益還元(ボーナス)が貰えるのが特徴。


(出典:クチコミと人財が会社を変える


サイトマップ || 次の記事 




『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)



2006年05月25日 | ネットワークビジネスの真実 | トラックバック:0 | コメント:0

最初のMLM企業がやったこと

サイトマップ

最初のMLM企業がやったこと

 
歴史上、MLMを最初に導入したのは、アメリカはカリフォルニア州に本拠をおくカリフォルニアビタミン社(1934年創業)であったといわれている。

 
広大な国土をもつアメリカは幌馬車の昔から、消費者に直接商品を売る訪問販売が盛んだったが、消費者と販売者は別々の存在だった。そんな時代にカリフォルニアビタミン社は消費者と販売者を結びつけた独自の販売プログラムを運営していた。

自社製品を愛用してくれる消費者を販売員に起用し、その販売員に新たな販売員を募集する権利を与え、商品の販売手数料のほかに自らが獲得した販売員の売り上げに対しても販売手数料を支払うという方式である。

 
この方法を貫くとメーカーは通常の販売で必要になる流通経費、広告宣伝費がいらなくなる。その浮いた経費を販売員への販売手数料に回せば、自らの利益を削ることなく利益が確保できる。カリフォルニアビタミンはメーカーとして製品を製造し、手数料の支払い計算だけを行なっていた。

この商法が当って商品が売れ始めると、同じ方法をとる会社がいくつか出現した。カリフォルニアビタミン社が1945年にニュートリライト社へと社名変更した時期に、商品として洗剤を扱う会社が現れ、その後も家具類、キッチン製品などさまざまな分野で、MLMは急速に普及していった。

 
普及の原動力になったのは、愛用者兼販売員(この業界ではディストリビューターと呼ぶ)に支払われる高額コミッションだった。生産者は流通経費も出さず、広告宣伝もしないから、販売員たちは自分のクチコミの力だけで市場開拓をする苦労を背負わされた。

しかし、その見返りは想像以上に大きかった。ディストリビューターに還元されるコミッションは、自分の労働から得られるほか、自分が開拓した販売員という他人の成果からも期待できたからだ。

その額がいかに大きかったかは、現在のネットワークビジネスに携わる活動的なディストリビューターの年収が数千万円から一億円を超えることを考えれば、おおよそ理解できるだろう。

 
いつの時代でも、庶民レベルで一年間暮らすのに必要な額の十倍の年収を稼ぐのは容易ではない。それができるのはほんの一握りの人々に限られる。だがネットワークビジネスは庶民レベルでそれを可能にしたのである。

ネットワークビジネスは大きな資本も特別な能力もない個人が始めても、努力次第で多額の収入が得られるが、この多額の収入が得られるということが、このビジネスのあり方を歪めた側面があったことも指摘しておかなければならない。

 
一般消費者がこのビジネスに関わる立場につくには、まずディストリビューターになることが条件であるが、一口にディストリビューターといっても、実績によって何段階化に分かれている。多額の収入を得るには上位のディストリビューターになる必要がある。

上位への昇進(タイトルの獲得)を果たすためには、自己の築いた人脈グループ全体の売上高を上げる必要が出てくる。
そこで少しでも早く売り上げ実績を作るため、無理に商品を買って過剰在庫をため込んだり、下位者に無理な押し込み販売をしたり、あるいは昇進のため登録料、権利金をやりとりするというようなことが、このビジネスでは頻繁に行なわれてきた事実がある。

 
ということは、ビジネスのすすめ方によっては、経済的損失を被ることもあるということである。しかし、これはどんなビジネスにも起こりえることだ。失敗すればまず最初に問われるのは自分自身である。

だが、ネットワークビジネスに限っては事情が違った。このビジネスで経済的な損失を被った人が増え始めると社会的な批判が強まったのである。理由はこのビジネスの業界周辺に仕組みがよく似た商法が存在したからだ。それはピラミッド商法であった。

(出典:クチコミと人財が会社を変える


前の記事 || サイトマップ || 次の記事


『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)



2006年05月24日 | ネットワークビジネスの真実 | トラックバック:0 | コメント:0

ピラミッド商法との混在に悩む

サイトマップ

ピラミッド商法との混在に悩む

 
消費者(愛用者)が販売員も兼ねている―という新しいマーケティング理論を引っ提げて1940年代に登場したネットワークビジネスは、第二次世界大戦後のアメリカで次々と起業家が現れ、活況を呈することになった。後にネットワークビジネスの代表的企業に成長するいくつかの会社が、1950年代の終わりから60年代にかけて誕生しているが、一方でネットワークビジネスの仕組みを悪用したビジネスもこの時期に蔓延することとなった。

 
1960年代の後半、この業界に一人の天才的な男が現れた。傘下に多数の企業を要するターナーエンタープライズの総帥グレン・ターナーである。彼は「自己の確信する夢は叶えられる」という独自の成功理論を展開、巧みなミーティング手法によって、多数の参加者を集める消費者参加型のビジネスを始めた。

彼の下には何万人もの人が集まり、彼の提唱する成功理論に魅了された。アメリカには鉄鋼王A・カーネギーの『富の福音』をはじめ、バイブルや深層心理学に基礎をおいた幾多の成功理論が存在する。ターナーもおそらくこの理論を応用したものと思われる。

 
アメリカの成功理論は自己啓発効果があり、今日でも高く評価されている。ゆえにこの種の理論を用いたことではターナーを非難することはできない。また、彼はマインドコントロールの手法を用いたというが、宗教でもビジネスでも一種のマインドコントロールが日常的に行なわれている。

 
問題はターナーエンタープライズの商品にあった。ネットワークビジネスの基本は「親しい人にすすめる価値のある良質な商品」が前提だが、彼の会社が扱った商品は粗悪なものばかりで、中には商品が存在しないケースもあった。

このやり方はわが国のネズミ講とあまり変わらない。つまり、参加者を勧誘し、ビジネス登録料、タイトル獲得料、権利金などいろんな名目をつけて、実質的に多額の出資をさせ、集めた金を上位者が山分けしてしまうのである。

 
ピラミッド商法では経済的損失を被る者が続出したが、当時のアメリカにはまだこの種の商法を取り締まる法律が存在しなかったため、ターナーの手法を使って人集めをする企業が次々と誕生、正当なビジネスをしているネットワークビジネス企業も疑いの目で見られるようになった。

 
1960年代にはホリディマジック、ベストラインなどピラミッド商法の代表的企業が出現し多くの参加者を獲得するが、ホリディマジックは1973年に「非良心的で詐欺的商法」として、出資金の全額返還と賠償を命じられた。この頃からアメリカではピラミッド商法の規制へと動き出すが、業界内の詳しい事情をまだよく理解してなかったアメリカの司法、行政当局はピラミッド商法に網を被せるつもりでネットワークビジネスも規制の対象にしてしまったのである。

 
1970年代のネットワークビジネスは停滞を余儀なくされた。ピラミッド商法が社会問題化して行政や司法の介入事例が増えるにつれ、「よく似た商法」としてその影響を受けざるを得なかったからである。

中にはネットワークビジネスで立上げながら、ピラミッド商法へと移行した企業もあった。仕組みが似ているということは、容易にどちらにでも転換できるからだ。ピラミッド商法に転換した企業は当局に摘発されたり、組織の崩壊で存続不能になっていった。

(出典:クチコミと人財が会社を変える


前の記事 || サイトマップ次の記事 ||



『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)







2006年05月23日 | ネットワークビジネスの真実 | トラックバック:0 | コメント:0

合法ビジネスとして認知された経緯

サイトマップ

■合法ビジネスとして認知された経緯

 
米国内で窮したピラミッド商法は海外へ活路を求めていくが、海外でもすぐに馬脚を現わした。ホリディマジック社はカナダ、スウェーデン、シンガポールでも業務停止命令を受けている。イギリスはピラミッド商法そのものを法律で禁じてしまった。

 
いずれにしろピラミッド商法とネットワークビジネスの違いが、人々にまだ明確に意識されていなかった時期に、違法性の高いピラミッド商法が法的規制を受ければ、ネットワークビジネスも安泰でいられるとは考えにくい。

 
その典型的なケースとして、ネットワークビジネスの代表企業だったアムウェイが、アメリカ連邦取引委員会から告発された事例があげられる(1975年)。このとき、アムウェイはアメリカ連邦取引委員会(FTC)相手に、敢然と自己の正当性を主張して一歩も譲らなかった。

四年の歳月をかけた裁判でアムウェイは徹底的に争い、1979年にアムウェイは勝訴した。「アムウェイのMLMシステムは、ピラミッド商法の持つ本質的特徴を含んでおらず、人をだますような違法な商法とは認められない」

 
この審決は一企業の勝利という以上の大きな意味があった。それはMLMすなわちネットワークビジネスが、ピラミッド商法と異なる正当な販売システムであることが初めて法的に認められた瞬間だったからである。アムウェイの勝訴は業界内外に大きな旋風を巻き起こした。違法性が心配でこの商法におよび腰だった起業家たちは、再びネットワークビジネスの積極的導入を図るようになり新規企業が続々誕生することとなった。
 

著名な経済雑誌『フォーチューン』は、「注目に値する新流通形態」という企画特集を組んだ。ネットワークビジネスは広く一般大衆の知るところとなり、大きな社会的関心を呼び起こした。

1980年代に入ると、ネットワークビジネスを導入する会社が爆発的に増加した。かつて最盛期にあっても二百社といわれたのが、一挙に二千社にまで膨らみ、その中にはコダック、エイボン・プロダクツなど有名企業も含まれていた。

 
かくしてMLMは本国アメリカで立派な合法ビジネスとして歩み出したが、一方でピラミッド商法のほうは、連邦取引委員会によって監視され続けた。この頃、連邦取引委員会が作ったピラミッド商法に関するガイドラインがある。

[ピラミッド商法の構成要件]
 
1.高額の入会金を支払わねばならない。
2.販売員を勧誘したとき、その見返りとして、モノやサービスの売買とは無関係に勧誘者に報奨金が支払われる。
3.新規会員に対しても、同じような権利が与えられる(結果的に多額な出資をする)。
4.商品の在庫返品を認めない。
5.勧誘対象を増やし続けなければならない。


以上の要素を持つと正当なネットワークビジネスのつもりでも違法なピラミッド商法と解釈されることになるということだ。このガイドラインの精神は、わが国のマルチ商法規制の法律にも反映されている。

 
わが国においても、特定商取引法の規制では、先に掲げた「ピラミッド商法の構成要件」はすべて禁止されているので実質的にピラミッド商法は展開できないが、違法を承知で展開する業者や、見かけ上のシステムは合法でも実質的にはピラミッド商法まがいの運営を行う企業も後を絶たず、このことがネットワークビジネス全体のイメージを悪くする一因となっている。

(出典:クチコミと人財が会社を変える


前の記事 || サイトマップ || 次の記事



『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)




2006年05月22日 | ネットワークビジネスの真実 | トラックバック:0 | コメント:0

日本上陸で巻き起こした波紋

サイトマップ

日本上陸で巻き起こした波紋

 
わが国のネットワークビジネスの歴史は1960年代から始まる。

1963年に家庭用密封容器を主力商品とするタッパーウエアというアメリカ資本の会社が上陸、ディストリビューター制度を導入した営業を始めた。

 
この会社がわが国で最初のネットワークビジネス企業と考えられる。しかし、この会社が現在のようなネットワークビジネスの手法をとっていたかは定かではない。伝えられるところによれば、ホームパーティを中心とした訪問販売だったようだ。

しかし、愛用者が販売員になって商品の良さをクチコミで伝えていく販売方法は、まぎれもなくネットワークビジネスのものである。ちなみにこの会社は、現在でもネットワークビジネス業界の模範的企業として活動を続けている。

 
タッパーウエア上陸から5年後の1968年、同じアメリカ資本で洗剤を扱うスワイプジャパンが上陸した。しかし、この頃はアメリカ生まれのこの新商法が世間を騒がすことはなかった。その意味で期間は短かったが、揺籃期はこの商法にとって「平和な時代」だったといえる。

活動の舞台がまだ狭かったことと、商品が良かったことがその理由だ。ネットワークビジネスは正しく運営される限り、社会問題化することはないが、その始まりの時期は正しく理解されていたことになる。

 
ネットワークビジネスへの誤解は、アメリカからピラミッド商法企業が上陸してきた頃から始まった。1970年代初めAPOジャパン(カー用品)、ホリディマジック(化粧品)、ベストライン(洗剤)が日本上陸を果たした。いずれの会社もアメリカの連邦取引委員会が示した「ピラミッド商法の構成要件」をことごとく備えていた。またこれらの会社が、先に上陸していたネットワークビジネス企業に比べ、人集めの手法に数段長けていたことも、ネットワークビジネスにとっては不幸なことだったといえる。

 
彼らはまだビジネス感覚の未熟な若者や学生らを、言葉巧みに説明会に出席させ、催眠的手法を使って勧誘した。この手の商法に免疫力のなかった人々は「儲かるよ」という甘い言葉につられて高額の登録料を支払い、商品を大量に買い込んだ。

本来的にマネーゲームであるピラミッド商法が扱う商品は粗悪なものが多く、物品販売はほとんど商売にならないのは前述した通りである。儲けるためには多額の加盟登録料を支払い、次に同じように権利を買う人を勧誘することしかなかった。

 
会員たちは在庫処分のため強引な押しつけ販売をする一方で、自分が勧誘されたのと同じ虚偽トークを使って、友人や知人をこの商売に巻き込んだ。そのため誘った人と誘われた人との間でトラブルが続出した。被害が大きくなって社会問題化すること数年、ようやくピラミッド商法の「好ましからざる正体」が明らかになり、国会で取り上げられることになった。そして同じ頃急成長していた訪問販売や通信販売なども含め、無店舗販売を取り締まる法律として「訪問販売等に関する法律」が制定されたのである(1976年12月から施行)。

 
この頃、ネットワークビジネスとピラミッド商法は特に区別されることなく、ともにマルチ商法と呼ばれていた。そのマルチ商法が訪販法で「連鎖販売取引」と規定され、きびしい規制を受けることになったわけである。規制の詳細は後述するが、この法律で規制されたのはピラミッド商法だったにも関わらず、ネットワークビジネスもこの枠内に閉じ込められ、正しい姿を広く知ってもらうことが難しくなってしまったことは残念というしかない。

(出典:クチコミと人財が会社を変える


前の記事 || サイトマップ


『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)




2006年05月21日 | ネットワークビジネス成功方法の真実を知りたいあなたへ | トラックバック:0 | コメント:0

タイミングの悪さが誤解を生む

サイトマップ

タイミングの悪さが誤解を生む

 
後から振り返って「なぜあんなことに熱を上げたのか」と自ら不思議に思うようなことにのめり込む癖が人間にはある。

アメリカからピラミッド商法が上陸した時期は、日本でも類似商法が蔓延しており、多くの人々が熱に浮かされたように参加していた。

 
その意味でピラミッド商法にとって1970年代の上陸は絶好のタイミングであり、ネットワークビジネスにとっては最悪のタイミングであったといってよいだろう。その後遺症は長く続くことになる。

「ネットワークビジネスというのは、前にマルチ商法と呼ばれていた商法だろう。マルチ商法はネズミ講と一緒のはず。いくら呼称を変えても仕組みをいじっても、根本はネズミ講の変形にすぎない」

 
わが国ではいまだにこういう誤解をしている人もいる。さすがにここまで誤解する人は減少してきているが、なぜ誤解が生じたかを、もう少し詳しく見ていくことにしよう。それがわかればネットワークビジネスの正しい理解に役立つと思われるからだ。

 
先に述べたように、日本にいわゆるマルチ商法(ピラミッド商法)が上陸したのは1970年代のことである。ところが日本では数年前からネズミ講で急速に会員数を伸ばしている組織があった。1967年に発足した「天下一家の会」(第一相互研究所、内村健一会長)である。

ネズミ講とは、先に加入した会員が、後から加入した会員が出した金品(金銭および有価証券など)を受け取れることを内容とした金品配当組織のことである。会員がネズミ算的に増えていくことから、この名で呼ばれるようになった。
   

ネズミ講では、かりに一人の会員が二人づつ子会員を増やしていくと、二十七代目で一億人を超え、破綻することは目に見えている。今は「無限連鎖講防止法」(1979年施行)によって、これら講組織の開設、運営、勧誘の一切が禁止されている。

 
しかし「天下一家の会」発足時には、取り締まる法律がなく、実際に出資金を上回る金品を受け取る者が大勢いたので、射幸心にあおられた人々が競って参加、1970年には参加者が40万人にも達していた(この会は禁止されるまでに100万人の参加者を獲得したといわれる)。

 
もう一つピラミッド商法にとって好都合だったのは、SF商法という新手の詐偽まがい商法が登場していたことである。密室性の高い場所に人々を集めて、巧みな話術で雰囲気を盛り上げ、定額商品を無料で配って信頼させ、高額商品を買わせる商法で、別名「催眠商法」とも呼ばれていた。

 
前にアメリカのピラミッド商法が、グレン・ターナーという天才的話術の男の出現によって繁栄したという話をしたが、SF商法にもターナーに似た人物がいて、この人物の主宰する会社はほんの一時だが従業員数千人を抱える大企業に成長した。

この会社はまもなく倒産するが(計画倒産の疑いが濃厚)、手法を学んだ関係者が、折りから上陸してきたアメリカ生まれのピラミッド商法へ流れた事実も見逃せない。SF商法の手法とその関係者が加わることで、ピラミッド商法の説明会場は、いつも伸び盛りの新興宗教にも似た熱気を帯び、「儲けたい」という願望を持った人々を酔わせた。

 
ネズミ講もピラミッド商法も、その組織に加入した人が勧誘者となって、身近な人間を誘うという連鎖的手法では共通している。そしてネットワークビジネスもまた、連鎖的という点では、これらの商法と共通点を持つのである。この一点がネットワークビジネスの誤解を生じる最大の問題点であるといえる。

 
だがネットワークビジネスとネズミ講は明確に区別できる。ネズミ講は商品を介在させず、またネットワークビジネスが有限連鎖なのに対して、ネズミ講は無限連鎖だからである。それよりも今日に至るまで依然として難しいのは、ピラミッド商法とネットワークビジネスの区別のほうである。

 
もともと同じ頃に誕生し、手法もほとんど同一でありながら、ネットワークビジネスとピラミッド商法が天地の違いを生じさせたのは、ひとえに運営する人間の志の差であったといっていいかも知れない。

ネットワークビジネスは「よい商品を可能な限り安い価格で普及すること」を目指して消費者参加型のビジネススタイルを創始したが、皮肉なことにこのシステムは短期間に大金を獲得したいという考えの人間にも通用するものだった。そして文字通りそれを実行して見せたのがピラミッド商法なのである。

 
だからピラミッド商法の会社が、ネットワークビジネスを名乗って営業することは簡単にできる。そういう会社はおおむね長続きせずに消えていくしかないが、また簡単に出現してくる。そして、残した悪評の影響をネットワークビジネスが一身に受ける―こういう構図がずっと続いてきたのである。

また、最初はネットワークビジネスの仕組みで合法的にスタートした会社が、途中からピラミッド商法的な手法を取り入れることもある。それはネットワークビジネスを主宰する会社が背に腹をかえられないで手を染めてしまうこともあるし、会社は真っ当なビジネスをしているのに、参加しているディストリビューターが制度を悪用してしまう場合もある。

 
1976年の「訪問販売法」、1979年の「無限連鎖講防止法」と二つの新しい法律が施行されたことで、違法性の高いピラミッド商法の会社、ネズミ講組織は急速に衰微した。かわってクローズアップされてきたのが、正しい商法を展開してきたネットワークビジネス企業であったのはいうまでもない。

(出典:クチコミと人財が会社を変える


前の記事 || サイトマップ



『MLMインターネット3万人組織構築方法』 購入ページへ(決裁リンクはページの一番下)




2006年05月20日 | ネットワークビジネスの真実 | トラックバック:0 | コメント:0

ネットワークビジネス成功ノウハウ サイトマップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。